誰でも出来るホワイトニングの6つの方法

ご存知の方がほとんどだと思いますが、歯を白くすることを歯のホワイトニングと言います。

 

ホワイトニングと言ってもその方法はたくさんあります。

 

ここでは数多くあるホワイトニングの方法から代表的なものをご紹介していきましょう。

 

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは歯科医院で施術してもらうホワイトニングの方法で濃度の高い薬剤を歯に塗ってライト等を当てる事で、歯本来の白さをとりもどすホワイトニングです。

オフィスホワイトニングのメリット

数回の施術で歯が白くなるので、すぐに歯を白くしたい方にはお勧め。
歯科医と相談しながら出来るので安心

オフィスホワイトニングのデメリット

1度の施術で理想の歯の色にならないこともあるので、その場合数回の施術が必要となる。
歯の色戻りが早い

 

ホームホワイトニング

ホワイトニングマウスピース

自宅で出来る本格的なホワイトニングで、マウスピースの中に薬剤を入れて毎日数十分から数時間装着する方法です。

ホームホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングほどでは無いが短期間でホワイトニングの効果が期待できる
歯の色戻りがしにくい
自分で歯の白さを調節することが可能

ホームホワイトニングのデメリット

マウスピースの用意など費用がそれなりに掛かる
薬剤の添付やマウスピースの装着など手間がかかる

 

ホワイトニングジェル(歯磨き粉)

ホワイトニングジェル

市販の歯磨き粉やジェルでホームホワイトニングとは違い歯磨きの後で軽くブラッシングするだけの方法。
最近の物は成分も自然由来の成分を使用している物が多く、体に安心して使うことが出来る

ホワイトニングジェル(歯磨き粉)のメリット

歯磨きの後にブラッシングするだけなので手軽に出来る。
費用の安さ
速攻性は無いので周りが気づかないうちに歯を白くすることが出来る。

ホワイトニングジェル(歯磨き粉)のデメリット

商品が多いのでどれを使えばいいのかわかりずらい
専用の薬剤を使わないので効果に時間がかかる

 

その他のホワイトニング

ホワイトニング

歯のマニキュア

爪に塗るマニキュアと同様に白いマニキュアのようなものを歯に塗るようなものです。
非常に手軽に歯を白くすることが出来るのが大きなメリットですが、、近くから見ると若干不自然であったり、すぐにはがれてしまうデメリットがあります

 

歯の消しゴム

名前の通り消しゴムのようなもので歯の表面に着いた黄ばみなどを削り落とすことが出来ます。
ただし、研磨剤が入っているので、歯の表面に傷をつけるようなものです。

 

お勧めのホワイトニングは?

歯のホワイトニングと言ってもいろいろあることがお分かりいただけたと思います。

 

では、このなかでお勧めのホワイトニングはなんでしょう?

 

それは何故歯を白くしたいかによって異なるでしょう。

 

たとえば、

 

来週の結婚式、きれいな歯で参加したい。

 

でもめんどくさいのは無理!

 

そんな人にはオフィスホワイトニングがお勧めだし、

 

時間も手間もお金もかかっていいからしっかりとホワイトニングしたいという方にはホームホワイトニング。

 

お金もあんまりかけられない!めんどくさい!でもやっぱり白い歯にあこがれる、そんな人にはホワイトニングジェル(歯磨き粉)がお勧め。

 

一番手軽に本格的にホワイトニングが始められます。

 

その日だけ歯を白くしたいという方には歯のマニュキアや歯の消しゴムが効果的です。

 

以上のようにそれぞれに一長一短がありますので、自分の生活に合わせて選ぶことが大切です。

 

ですが、歯の白さは出来ればずっと保っていたいものですよね。

 

そんな人にお勧めなのはホワイトニングジェルではないでしょうか。

 

歯磨きの後に軽くブラッシングするだけなので手軽にできますし、金額もそれほど高くありません。

 

継続することも簡単なので歯の白さを持続させるに一番気軽に手技るはずです。

ホワイトニング